意外!?転職時に給与を大幅に上げてしまうデメリットについて

精神科の先生方から転職相談を受ける際、私共は給与額についてどのようなお考えをお持ちなのかをお伺いしています。
そして当然ながら先生方によってお考えは様々です。

「今と同じくらいで良い」
「今よりも高い年収○○○○万円以上」
「相場で良い。」
「少し下がってでもやりたい事が出来れば良い」
…etc

本日は転職時の給与に対する考え方についてお伝えしたいと思います。
(ご存知の先生もいらっしゃるかもしれませんがお付き合いいただければ幸いです。)

まず上記のように、先生方のご希望は大きく分けると2つです。
「とにかく給与アップをしたい」or「相場で良い(≒現状と同じくらいで良い)」です。

前者の先生方の背景は、
・家族が増える為、高い給与額を希望する。
・住宅ローンがある為。
・働くのであれば高い方が良い。
・将来の貯蓄の為。
・今よりも少し贅沢をしたい。
…etc

また後者を先生方の背景は、
・給与よりももっと優先するべき条件がある。
・高い給与を得てしまう事で変な期待や求められる事が多くなりそう。
・もし再度転職する際に給与減額の可能性が高まってしまう。
…etc

以上のような背景があり、先生方の給与に対する考え方は様々です。

しかしながら、給与額に関してはあまり高い額で入職してしまう事で、ご勤務後のリスクを高める事があります。
これは上記の後者の先生方の背景にもある事です。

■給与額に見合う働き方を求められてしまい、業務量の幅や量、シワ寄せなどの事が起こりえる。
■もし再度転職をする時には、同じ条件の医療機関を見つけるのが難しくなってしまう。(そのエリアでの転職先が無くなってしまう可能性が高くなる)

「再度転職をする時は額が下がっても良いので同じエリアで転職がしたい」という事であれば良いのですが、一度給与額を跳ね上げてしまうと、生活レベルまで変わってしまう事も多く、生活レベルを下げるという事は非常に難しいように思えます。

先生の給与に対するお考えは様々であり、そのご意向を尊重したいという気持ちは私共も強いのですが、後で苦労をしてしまう様なリスクの高いご希望に対しては、予めリスクを説明をさせていただきたいのです。
実際、これまで私共へご相談いただいた先生が中にも「今の給与額が良すぎて、環境は今すぐにでも変えたいのに、今の提示額を出してくれる医療機関が無い…」というお話が過去に複数ありました。

転職を言うとメリットばかりを考えがちですが、転職時において給与額というのはナイーブな条件です。
「高くする事に何のデメリットもない」という事はありません。

今後の給与額については上記も踏まえ、よくよくご検討していただきたいと思っています。