採用面接で落ちてしまう可能性について

内容

 

先生は過去に医療機関の面接でお断りを受けてしまった事はありますでしょうか?

 

医師の転職市場は比較的売り手市場(先生が選べる立場にいる事)である事から、落ちるイメージやご経験は無いという先生もいらっしゃるかもしれません。
しかし実は近年、面接で落とされてしまう先生も多いという状況を先生本人や医療機関側からお聞きする事が増えてきております。

 

では何故そのような事が増えているのか?
本日はどのような経緯で落ちてしまうのかをお伝えしたいと思います。

 

 

これは採用側である医療機関側に話をお聞きするのが一番です。
過去にお聞きした実際の内容は以下の通りです。

 

■「先生のお人柄にクセがあり、当院や当院の医師と合わなさそうだった。」
■「転職回数があまりにも多く、また過去に短期間でお辞めになっている医療機関もある為、当院に来てもらってもまた直ぐに辞められてしまうリスクがあった。」
■「健康面で不安があり、当院が希望するフル勤務は難しいのではないかと思われる。」
■「ご経験面で不安がある。」
■「同時に複数の医師からの応募があり、今回は別の医師を採用する事になってしまった。」
…etc

 

最後に記載した内容にもある通り、先生方が住居を構えるような人気エリアに関しましては、医師の応募が重なりやすいという事もあります。
また医療機関側も面接慣れをしている事から、選ぶような目を持っている事も確かです。

 

先生がもし複数の医療機関の条件を比較してから転職先を絞りたいという事でしたら、尚更まずオファーを頂けない事には比較できる選択肢が減ってしまいます。

 

様々な要素や条件が重なってしまい、落ちてしまうという事が実際に多々起こっています。
面接に伺う際には、上記も起こり得るという事を知識として入れておき、臨まれる事をお勧め致します。

 

上記も踏まえ、面接についてのご相談はいつでも承っておりますのでお気軽にご相談下さい。