先生方から転職のご相談を頂いた際に、私共は可能な限り面談にてお話を伺いたいと思っています。
(普段のご勤務でお忙しい中、なかなかお会い出来ない先生もいらっしゃるのですが、その場合も出来ればお電話でお話が出来ればと考えております。)
 
メールのみのやり取りではなく、あえて面談を希望するには理由があります。
 
僭越ながら、それは先生にとってメリットがあると考えているからです。
 
 
但し、コンサルタントから
「ご挨拶をさせて頂きたい」との打診があっても、わざわざ面談までしようとは思わないと思います。
「求人を提案させてもらいたい」との打診があっても、「メールにして!」と思うと思います。
 
正直私が先生の立場ならそう考えます。
これでは面談というものが先生にとってメリットではなく、コンサルタント側の都合でありメリットです。
 
 
では先生にとってメリットがあると思われる面談とは何でしょうか?
(あくまで私共の考え方です。共感して頂けるのでしたら恐縮です。)
 
それは、現在の転職市場や給与相場(エリア相場)、また先生が転職を考えているエリアにどのような医療機関があって条件面や表には出ない内情はどうなのか?を先生と共有します。
そしてそのような中で転職成功に向けてどのような希望条件を考え、どのような医療機関に対し焦点を合わせていくのかどうか、転職のプロとしての提案やアドバイスをさせて頂く事だと考えています。
 
特に転職を強く希望する先生にとっては、ご自身の考えや希望条件が、市場の状況とあまりにもかけ離れてしまっているようですと転職は非常に難しくなります。
また転職を検討している先生や将来的に転職が出来れば良いとお考えの先生におかれましても、エリア相場や表には出ない情報や内情というのは、転職をする際に参考になり得る情報ではないかと考えています。
 
 
 
 
先生方からご希望等のお話を伺って終わりではなく、貴重なお時間を頂くわけですから先生にとってメリットとなり得る事もしっかりと残したいのです。
 
先生方との情報共有や情報提供はいつでも致しますので、お気軽にご相談下さい。