新たな一年を迎えるにあたり

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
昨年を振り返りますと一番に出てくるのは何と言いましても新型コロナウイルスの感染拡大という事になるかと思います。
昨年も同じ頃に当コラムへの投稿をさせて頂きました。
その際には「最大級のイベントとして東京オリンピックが開催される」という事を書かせて頂いたのですが、その時にはまさか延期になってしまうとは思ってもいませんでしたし新型コロナの影響がここまでの重大な事象に発展するなんて事は全くの想定外でした。
そんな状況の中で転職の件で弊社にお問い合わせを頂きました多くの精神科の先生方、そして医療機関の皆様には大変お世話になりました。
改めて御礼申し上げます。

そして、ここ最近では更にその拡大が広がっています。
今後、国内の状況がどのような方向に向かっていくのか昨年のように全く想定出来ないような流れになってしまうのか混沌とした状況が続いていく事になると思いますが弊社としましては、こういった状況下だからこそ実践していかねばならない事があると考えております。
それは普段以上に誠意を持った対応を心掛ける事だと考えます。
何かと不安の絶えない世の中ではありますが弊社をご利用して頂く皆様に対しまして安心をお届けする事が出来るような活動をしていきたいと考えております。

それともう一つ、的確な情報収集の徹底という事です。
普段とは違った状況下では今までは通用していた事が通用しなくなるような事もあると思います。
つまり柔軟な対応が求められるのではないかと考えております。
転職活動においても同じような事が言えるのではないでしょうか。
今までに積み上げてきた情報やノウハウも大事ですが、これから先の新たな出来事に対して広い視野を持って柔軟に対処していく事が必要です。
そして転職をご検討されている精神科の先生方、精神科医師の採用をお考えの医療機関様に対して現状に即した的確なご提案をさせて頂く事が出来るように取り組んでいきたいと考えております。

本年も皆様のご要望にお応えし、いっそう社業に精励いたす決意です。
なにとぞ変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。