面接・見学の際、訪問するべき時間帯とは!?

内容

 

転職をする際、事前に行う事として面接と院内見学は必須です。

面接は病院側先生側の双方がお互いを知る為の場ですし、当然ながら先生は現場を知らない中で勤務契約など結んではいけません。
面接や見学を参考に正確な判断をする事が良い転職に繋がります。

 

そして実はその面接や見学に行く際には重要なポイントがあります。
その中から本日はコレを紹介します。

 

“ 訪問するべき時間 ” です!

 

 

 

まず、面接や見学を希望する場合は医療機関側と日時の調整をしなければなりません。
(アポイントを取らずに行って「今日は見学させて下さい」は当然ダメです。)

 

その調整後、実際に面接や見学に訪問するのですが、
では、それは日中ですか?それとも病院終了後の夕方以降ですか?

 

実はコレ、重要な事なのです。

そもそも見学や面接は、日頃の院内の雰囲気や患者様の雰囲気を見て、そして院長先生や事務長のお話を聞いて感じる事です。
どんな患者様がいらっしゃって、どんな雰囲気で皆さんが働いていて、活気が有るのか無いのか?
面接中の院長先生とのお話の中でコールは頻繁に鳴るのか鳴らないのか?
これを感じる事が出来るのは、院内が稼働している主に平日の日中帯だからです。わざわざ時間を割いて来たのにこれが見れないのは勿体ないです。

 

 

転職を考えているとは言え、確かに日々の先生のお仕事はお忙しいと思います。
その中での転職活動です。

・休みである週末の土or日に伺いたい。
・勤務後の18:00以降に伺いたい。
・出来るだけ有給休暇は使いたくない。

 

…というお考えになるのも無理はありません。

 

しかし、先生の大事な転職です。
正確な判断が出来る環境下で見学や面接を受けた方が、得られる情報が明らかに多いのです。

面接・見学は転職を判断する大事なタイミング、そして大事な機会です。
是非先生の大事な時間を使って見学や面接に行ってほしいのです。