病院のリエゾン需要について

内容

 

本日は総合病院、ケアミックス病院のリエゾン需要についてお伝え致します。

精神科の先生方の中には、精神単科病院での外来や病棟管理ではなく、一般病院での他科へのコンサルやフォローにご興味がある先生もいらっしゃると思います。

 

では実際病院側の考えや状況、また需要についてはどうなのか?

 

以下は各病院側の大凡の状況です。

 

【総合病院】
・非常勤で週1~2日精神科の先生が来ており、新たに常勤での採用は考えていない。
・近隣の精神科単科病院と連携が取れている為、募集はしていない。
・認知症を合併している患者様が多くなっている為、常勤で精神科の先生を募集している。
・総合入院体制加算を考えている為、常勤で指定医の先生を募集している。

 

【ケアミックス病院】
・非常勤で週1~2日精神科の先生が来ており、新たに常勤での採用は考えていない。
・近隣の精神科単科病院と連携が取れている為、募集はしていない。

 

 

以上の通りです。
まだまだ多くの病院では常勤での精神科需要は少ない状況下ではありますが、一部の総合病院ではリエゾン需要が出てきております。
また以上の事から、リエゾンでの募集というのは希少性が高い、精神科の常勤医枠は1~2名という事が言えます。

 

 

 

私共は過去に多くの精神科医の先生からお話を伺ってまいりましたが、先生方によってリエゾンに対するお考えは様々です。
またご希望が強くても、条件面やその希少性からエリアが限られてしまうという事もあります。

 

ご周知の通り、一般病院でのご勤務は精神科単科病院には無い雰囲気や動きがあります。
もし先生がリエゾンについてご興味があり、且つご通勤圏内での案件があった場合は一度見学等をしてみるのも良いかもしれません。