非常勤の応募はスピード勝負!?

 

「常勤として転職!」と言いますと、ある程度じっくり求人や病院情報を吟味する事は多いかもしれません。
現勤務先の状況もある事からすぐには転職出来ない先生方も多いかと存じます。
 
では非常勤のケースはどうでしょうか?
非常勤とはいえ、常勤転職と同じく慎重に吟味して・・・というお考えの先生はおりませんでしょうか?
勿論、慎重に吟味して頂いても良いと思います。
 
しかし、以下についてはご理解頂きたいのです。
 
非常勤は常勤と違い、良い非常勤案件を探している先生方は年中多くいらっしゃいます。
別の言い方をすると、常に非常勤の情報にアンテナを立てて求人情報を見ている・送ってもらっている先生方が多いという事です。
 

 
つまり検討の為の吟味は結構ですが、決心がついた頃には既に充足してしまった・・・。という事が本当に頻繁に起こります。
(情報が出て僅か一週間で状況は変わる事が多いです。)
 
 
このような言い方は誤解も招きかねないですが、
医療機関側は非常勤医師を募集するという事は、大袈裟に言えば非常な事態です。直ぐにでも先生を確保したいというお気持ちがあります。
応募する先生サイドとしても非常勤という軽いお気持ちから即決してしまう事が多いです。
 
以上の事から非常勤案件・情報は早めのご決断をお勧め致します。
 
しかしながら、
「よく吟味した結果、充足してしまったのなら仕方がない」という程のお考えでしたら先生の進め方を優先された方が良いかと思います。
 
私共は先生のご意向・お考えを尊重します。
非常勤をお探しの際にも私共【精神科医の転職相談室】のコンサルタントへどうぞお気軽にご相談下さい。