長く勤務した職場から転職を考えるきっかけについて

長い間、同じ職場で勤務していますと気が付かないうちに入職した頃と比べて職場の環境が大きく変わっている事に気が付いたなんてことはございませんでしょうか?
先日、とある精神科病院に訪問させて頂いた際にお伺いした実際にあったお話によれば数年前までは慢性期の病院として活動していたようですが時代の背景に従い急性期に移行しつつ今ではスーパー救急をスタートする準備を進めているというような病院もあります。
ここまで極端な事例はレアなパターンになりますが職場も今後の生き残りをかけて必死に活動しています。
その中で時間の経過と共に職場の環境も変化する事は往々にして有り得る事ではないかと思います。

こういった職場環境の変化が転職のきっかけの一つになる事も多いようです。
実際に過去に多くの先生方からご相談を受けてきましたが転職しようと考え始めるきっかけの一つとして職場環境の変化を理由に挙げられる先生が非常に多かったです。
今まで慣れ親しんできた環境が急に変わってしまう事で働きにくくなってしまい転職を考え始めるきっかけの一つになったという事になります。
中には急激な変化に耐えられず複数の医師が一斉に退職してしまったような事例もあります。

とは言いましても本当に転職する事を決意するのか、それとも転職せずに残るのか非常に悩ましい問題だと思います。
長く働いていた職場であれば相場よりも高い給与を頂いているような場合もあるでしょうし環境は変わってしまったとはいえ培ってきた理事長や院長先生との関係性や他の先生方、職員との関係性などもあり今以上に良い環境の職場が見つかるのか否かが分かりにくいためです。
また転職活動をしている事が知れ渡ってしまうような事も不安で第一歩が踏み出せない事も多いのではないかと思います。

そのような際には、まずは私共の方にご相談下さいませ。
弊社では各地の精神科医療期間の求人情報を抱えております。
現職場の条件と比較して頂き転職するに見合うだけの求人があるかどうか、ご提案させて頂く事が出来ます。
もちろん現職場に知られてしまうようなリスクは一切ございません。
またご相談を頂いたからと言いまして必ずしも転職しなければならない訳でもございません。
十分にご納得して頂いた上で転職活動の第一歩を踏み出して頂ければと考えております。
是非お気軽にご相談頂き転職活動をスタートするきっかけの一つになれば幸いです。