病院側から見る「指定医、専門医、指導医」の優位性について

内容

 

これから精神科へ進もうとお考えの先生や、現在指定医や専門医を目指している先生方から以下の事を聞かれる事があります。
「専門医まで取得する必要はあるのでしょうか?」
「指定医と専門医では転職の際、どちらの方が優位性がありますか?」

 

本日はこの件について、病院側の見解をお伝えしたいと思います。
(過去数百もの病院とのやり取りによるものです。)

 

 

早速ですが、
病院側の求める優位性があるのは、精神保健指定医です。
「専門医よりも指定医を取っていただきたい!」というのが病院側の本音です。
ご周知の通り指定医は厚労省の管轄であり、診療報酬にも大きく影響する部分だからです。
(診療報酬改定の際にも指定医の体制について触れられ、見直されるケースが多々あります。)
また、急性期の患者様を受け入れている病院では、強制入院や医療保護入院、また身体拘束の面でも指定医は必須ですので、まずは指定医を目指してもらいたいという意向があります。

 

ちなみに、給与額のアップ率についても指定医の有無が一番額に開きが出ます。

 

 

 

では(精神神経学会の)専門医、さらには指導医についてはどうかと言いますと、
専門医については多剤処方というメリットはありますが、ある程度決まった薬で対応している病院もあり、実は現状ではそれほど優位性はありません。
専門医の有無によって給与額に大きな差が出るという事は、これまで事例としてはほとんどありません。

 

指導医については、施設基準を取りたい病院やこれから若い研修医の先生方を採用したいというご意向がある一部の病院からは歓迎されます。
それらの病院からは指導医の有無によって条件のアップに繋がる事はあります。
但し、上記のような理由で指導医を歓迎するような病院の数としてはそれほど多くありません。

 

 

以上は、多くの病院側の意見を総括した内容です。
病院の採用側の立場としては「専門医や指導医の有無 より 指定医の有無」の方が重要という見解を持っています。
(勿論、専門医と指導医はどうでもよいという事ではありません。)

 

専門医や指導医を将来的に取得をお考えになる事は良いと思いますが、指定医がこれからという先生におかれましては、まずは指定医が確実に取れるような環境下に身を置かれる事をお勧め致します。