開業か勤務医かの選択で悩まれていた医師

内容

こちらの先生ですが30代後半で精神保健指定医や専門医、指導医など大方の資格をお持ちの先生でした。
今までずっと大学医局に属しながら勤務をされてきたのですが、この度医局を離れて開業するという事も視野に入れつつ今後の進路について相談したいという事で私共の所にご相談されたようです。
よくお話を聞いてみますと先生の本音としてはどちらかというと開業への志向が強いのですが不安要素としては過去にクリニックでの勤務を経験した事が無く、いきなり開業して上手くいくのだろうかという事だったのです。
 
そこで私達はクリニックでの常勤の求人を探す事にしました。いきなり開業するのではなくクリニックで勤務医という立場で実際にお勤めして頂き、クリニックで勤務するというのがどのような事なのかを経験して頂いてから改めて開業か勤務医かの判断をした方が良いのではないかとの提案をしました。そしてあるクリニックにご入職して頂くことになったのですが、その後に先生より伺った事としては「クリニックと病院では想像していた以上に違う環境だった」という事です。
結果的にクリニックでの勤務を経験する事が出来て先生としてはプラスになる事が多かったようで、とても喜んで頂きました。
その後も引き続きクリニックで勤務を継続して頂いており、今後の進路についてもご検討頂いております。