常に医師の募集をしている病院と常に埋まっている病院を比較

内容

 

日々全国の病院とコンタクトを取っておりますと、採用担当者の事務長や時には院長先生から医師の募集状況についてお話を伺う事が多々あります。

そこで見えてくるのが常に医師の募集をかけている病院とそうではない病院です。

 

本日はこれらの病院の内情を比較していきたいと思います。

 

 

まずは医師の募集は基本的にしていない病院についてです。
理由としては以下のような状況があります。
■ 常勤医師は全て大学からの派遣医師で構成されており、フリーの先生方は募集していない。
■ 勤務環境が良く、昔ながらの先生方で構成されている為、医師が辞めない。
■ 知名度の高い有名病院で常に入職待ちの先生がいる。
■ 院長や勤務している先生方の繋がりや伝手で入職された先生で構成されている。
…etc

 

では通年で比較的医師の募集を行なっている病院についてです。
こちらの理由としては以下のような状況があります。
■ 症例が多く忙しい急性期病院であり、指定医を取得後に辞めてしまう先生方が常に一定数いる。(急性期病院にありがちなケース)
■ 常勤の医師数が10名~20名規模、もしくはそれ以上になってきますと、毎年ご家庭の都合など何かしらの理由でお辞めになる先生が出てくる。
■ 地方病院を含めた立地的にアクセスの悪いところに病院が立っている。(精神科病院ならではのケース。)
■ 内情に何かしらの問題があり、入職してもすぐに辞めてしまう医師が多い。
…etc

 

以上が大凡の理由です。

 

つまり、必ずしも
「常に埋まっている病院=良い病院」ではありません。
そして「常に募集をしている病院=悪い病院」でもありません。
「常に募集をしている病院=悪い病院」というイメージや噂が独り歩きしているケースはありますが、実情は違うのです。

 

 

 

では良い病院とは何のでしょうか?

 

それは先生が求めている環境やご希望によって変わるものです。

 

上記のような常に埋まっている病院が先生にとって良い病院であるかもしれませんし、常に募集をかけている病院が先生にとって良い病院かもしれません。

これは病院のカラーと先生の求めている事が合致するのか否かです。

 

今ここで先生にとって良い病院とはココだ!という断言は難しいのですが、以上の事から転職の際の病院選びは先生方と一緒に慎重に行なっていきたいと思っています。