退職してからではなく在職中に転職活動を行うメリットについて

内容

 

転職活動を行うタイミングについてですが先生方から頂くご質問の中で多いものとして、
「転職活動を行うとしたら現職場に在籍している間にスタートした方が良いのか、それとも
退職してからスタートした方が良いのか、どうでしょうか?」というようなご質問になります。

 

 

先生方がこの質問をされる意図として多いのは恐らく在籍中ですと日々の業務が忙しいため
面接に費やす時間を割く事が難しいため、という事ではないかと思います。特に転居を伴うような遠方への転職を
ご希望されているような場合には先に退職してから、じっくりと時間を使って転職活動をしたいと
考えている先生も多いため尚更そのような事をお考えになられるのではないかと思っております。

 

ではこの件について病院側はどのように捉えているのかと言いますと、どちらかと言いますと
職場に在籍している間に転職活動をしている方が好意的に捉えて頂ける場合が多くなります。
その理由ですが一般的に言われている事としましては、先に退職してしまいますと、
その後、無職の状態になり立場的には不安定な状況になります。そのため多くの人が好んで無職になりたいとは
考えない訳です。にも関わらず先に退職しているという事になれば、
その背景には退職せざるを得ない何らかの理由が潜んでいるのではないかと思いたくなってしまうためです。
(例えば、前の職場から解雇された、人間関係のトラブルを起こしてしまった、ご自身の体調不良、、、など
ネガティブな理由が多くなります。)

 

医師の場合、売り手市場という事もありまして、在籍中だろうが先に退職していようが、実際には
大きなマイナスにはならない事も多いです。しかし病院側の状況として採用に対する熱が高くない場合や、
そもそも先生方を採用する際にご経歴を気にされる病院の場合には大きなポイントになり得る事も十分にあり得ます。

 

結局は応募する病院がどんな志向の所なのかによって考える対応策も変わってくるという事になります。
それを無視して転職活動を進めてしまえば思い通りの結果が得られない事も考えられます。
その点において弊社では様々な医療機関とやり取りをさせて頂いた実績があります。
当然、採用についてどんな志向の病院なのかについてもリサーチ済みの所も多くなります。
このような一見、小さな情報と思われるような事も含め弊社では情報を多数、抱えております。
些細な情報も含め抜けの無い転職活動を行って頂くためにも精神科専門の弊社にご用命頂ければと考えております。