3年の法則

内容

 

過去多くの先生方から転職のご相談を頂いた中で、数年後に改めてご相談を頂く事があります。
本日はそのような中で本当によくあるケースをお伝えしたいと思います。

 

それは「3年内もしくは転職後の3年内に今の考え方や希望は変わる事が多い」というものです。

 

 

過去のご相談事例としては、以下のようなものがあります。

・「以前は小さい子供を優先し今の病院に転職をしたが、幼稚園も卒業出来た為、自分本位の転職がしたい。」
・「親の介護が必要になった為、拘束時間の短い負担の少ない勤務がしたい。」
・「指定医の取得が出来た為、今後はサブスペシャリティとして〇〇〇の症例患者様を診ていきたい。」
・「以前は給与重視で転職をしたが、今回はQOL重視で転職がしたい。」
・「以前は指定医の取得を最優先だったが、指定医が取れた為、給与重視の転職がしてみたい。」
・「これまで精神科病院での勤務しか考えていなかったが、今度はクリニックや総合病院での勤務をしてみたい。」
・「年齢も50代に入り、今後は慢性期病院にて当直免除で勤務したい。」
…etc

 

先生のご経験に併せてご希望が変わる事もあるのですが、ご家庭の環境やライフイベントによって変わる先生方は非常に多いです。
3年後というと予測がつきそうにも思えますが、案外想定外の事は多いのかもしれません。
特にライフイベントの予測は容易ではない事もあります。

 

 

何が言いたいのかと言いますと、
(イレギュラーな事も含め3年内に状況が変わる可能性が高い為)今の先生のお気持ち・ご希望を大事にされた方が良いという事です。先の事を考えすぎて今の希望に蓋をするのは良くないという事です。

 

先の事を考え過ぎてしまい、転職に対する情報整理がしっかりと出来ていない先生がもし いらっしゃいましたら、
案外「今求めるもの」だけを優先して転職活動をされるのも良いと思います。