複数回の転職経験はネガティブなのか?

内容

 

過去の転職回数に関するお話ですが日本ではひと昔前まで終身雇用なんていう言葉が
一般的だった事もあり転職すること自体、特に複数回の転職経験があるというのは
マイナスな印象を持たれてしまう事が多かったように思います。
そのような場合、履歴書や職務経歴書を見られた際に、それだけでネガティブな印象を
持たれてしまうような事もありました。

 

 

しかし最近では転職する事に対し考え方も変わり一般的な事として捉えられる事も多く
過去に転職した経験があっても、それだけでネガティブに捉えられてしまう事は
少なくなってきたように思います。むしろ過去に転職した経験があったからこそ、
それをメリットに変換させてしまう事も出来るのです。

 

人材を採用する側から見た時に過去に転職の経験がある人に対して魅力的に感じる
要素としては大きく分けて2つの要素が考えられるのではないかと思っています。
1つは職場内に新たな風を吹き込んでもらえるという事ではないかと思います。
それは仕事のノウハウであったり情報をもたらしてもらえるといった点です。
2つ目は即戦力として勤務して頂けるという事です。既に同じ業界や同じ仕事内容を
経験している人であれば改めて教育を施す必要がなくなります。その分、コストや
時間的な面でのロスを抑える事が出来るようになります。雇い主としてはそれに
越したことは無いというのが本音ではないかと思います。

 

過去に転職経験がある場合ですが、上記のような点に言及して頂く事が出来れば、
転職経験自体がメリットに早変わりしてしまうのです。転職活動を行う際には
採用して頂く事はもちろん、出来るだけ良い条件で採用して頂く事も大事です。
そのように上手く話を進めるためにはご自身の事をアピールする事が大事です。
上記のような事をイメージして取り組んでみて頂けると良いのではないでしょうか。