地方の医療機関での勤務方法について

内容

 

札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡、などいわゆる大都市圏ではその地域に
住んでいる医師の人数も多く、医療機関側としても医師の採用にさほど困らないような
場合が多くなります。

 

一方、大都市圏から離れた地域では、近隣に住んでいる医師の数も少ない場合が多く、
医師の採用で困っている所も少なくありません。このような地域では今後も近隣に
住んで頂けるような医師が出てくる可能性は極めて低いという判断のもと、
大都市圏に住んでいる医師に対して新幹線代や飛行機代、場合によっては宿泊代を
支給する事で大都市圏から通勤して頂けるような医師を探し始めている現状もあります。

 

 

実際のイメージですが日曜日の夜に病院に入って頂き月曜日から木曜日までの
4日間にご勤務して頂き木曜日の夜にご自宅に帰省するというような流れになります。
ちなみにご自宅と病院の間を行き来する際の交通費や病院で勤務して頂く4日間の
宿泊費などの費用は全て病院側に負担して頂けますので先生方の持ち出しはありません。

 

また、この類の病院に関しては、そもそも便の悪い地域に存在する場合が多いという事で
医師から敬遠されてきた背景もあります。そんな中で先生方に注目して頂けるように、
という事で、ほとんども場合、相場と比べて給与額が高めに設定されております。

 

このような求人に関しましては北海道、東北、九州でお見受けする事が多くなっています。
もしもご興味をお持ちの先生がいらっしゃれば、情報収集をさせて頂きますので、
お気軽にお申し付け下さいませ。