これまで経験のなかった分野にトライする時の最善策!

内容

 

精神科医の先生方から転職のご相談を頂いた際に、先生方が過去にご経験のなかった業務を希望される場合があります。

 

ちなみに一番多い例としましては、
これまで精神単科病院のみでご勤務をされてきた先生からご相談を頂くケースです。

 

・「今後の社会情勢を考えると訪問診療に興味がある。」
・「総合病院でのリエゾンメインの勤務がしてみたい。」
・「緩和ケア(メンタルヘルス)に以前から興味があって、今後は精神科医としてがんの患者様と向き合いたい。」
・「外来が好きなので今回の転職ではクリニックでの勤務を希望している。」
…etc

 

明確で固いご意思がおありなのであれば、常勤としてご勤務をスタートする事で早く業務にも慣れ、先生の新たなご経験として蓄積出来ると思います。

僭越ながら、新しい事を始めるという事は初めは理解に苦しむ事や慣れない事があって当然です。
新しい分野にトライするという事はそういう事です。

 

とはいえ先生方のお仕事は常に対患者様であり、いい加減な事は出来ませんが、これまでの精神科経験の中で活かせる事の方が多いのです。
精神科医の募集をしている医療機関側もその事を理解した上で、精神科の先生を募集しています。
初めはご入職された先生をフォローする先生が既にいらっしゃる事も多いです。
ですから「訪問診療が未経験の先生も歓迎」等の文言のように、未経験の分野であっても過去に多くの先生方がお仕事を始められているわけです。

 

 

 

しかし、これまでご経験のなかった、もしくはご経験の少ない分野にいきなり常勤としてご勤務するのは気が引ける先生もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

もし不安や最初は様子見というお考えをお持ちであれば、非常勤から初めてみるというのも一つの選択肢です。
当然、非常勤から始めるという事であれば、医療機関側に理解を得なければなりません。常勤を募集している為、非常勤はNGとなる事もあります。
ただ非常勤から始めるという事が叶うのであれば、まずはそこからスタートするという事は是非お勧めです。

 

近年、精神科医の先生方の働き方は多様化しております。
ご自身の環境や希望に合わせて経験のある選択肢が複数あるに越した事はありません。