条件交渉の際に注意すべき事

内容

 

医師である先生が転職先を絞る際、また病院からのオファーを受ける際に私共から条件交渉をする事があります。
と言っても条件交渉をする事はもはや当たり前になっていて、する事の方が圧倒的に多いです。

 

先生ご自身の中で「もっとこうならないのか!?」「こうしてほしい!」という事を先生の代理人として私共転職コンサルタントが医療機関側に交渉を行なうわけです。
代理人を通す事によって、本人では交渉のし難いお金の事やお休みの事など福利厚生についても確認・交渉をしやすくなります。
それが代理人を通すメリットの一つです。

 

 

 

ここまでは何となく先生方もご理解されていると思いますが、
実はこの条件交渉…気を付けなければならない事があります。

 

それは、強気の交渉をした時には先生の心証が悪くなってしまうという事です。
強気というのは、相場観やその病院の規定から大きく外れている事です。

 

また、医療機関は筋の通っていない交渉は嫌う傾向があります。
例えばですが、電車通勤が出来る環境なのに「自宅からのタクシー代を支給してほしい」とか、常勤の先生が皆当直をやっているのに「単純に当直は嫌だから自分だけ外してほしい」など、
筋の通っていない事を何でもかんでも言えばいいという訳ではありません。

 

「こんな理想の希望、言ったもん勝ち!」かのようなお考えの先生もいらっしゃいますが、そんな交渉はやったもん負けになります。
万が一その強気の条件が叶ったとしても、既に勤務開始時の先生の心証はよろしくない為、ご勤務後に変な摩擦が起きないかどうか、肩身の狭い思いをされるのではないかと心配になります。

 

ただそもそも先生は、交渉に対する医療機関側の反応や顔は見れませんし、実際どのあたりがベターなのか、過去の状況からどのあたりまでは呑んでくれそうかは分からないと思います。
それが当たり前です。

 

ですからこの条件交渉の設定値は転職コンサルタントに相談をして決めていただくのがベストです。
そもそもの良いお話を無下な交渉で台無しにしてしまうのは勿体無いのです。
(もし医療機関側がこの条件を呑んでくれそうもなければ見送りたいという事であれば、それはそれで良いと思います。)

 

 

入職後の人間関係等の事まで考えますと、
入職に向けての話が先生と医療機関側の双方で気分良く進むに越した事はありません。
まずは先生のお考え、ご希望の条件を是非転職コンサルタントに投げかけてみて下さい。