同じ病院の求人情報でも話の進め方によって大きく条件が変わります!

内容

 

本日は転職においてかなり重要な事をお伝えします。

 

それは
“ 同じ医療機関の求人情報であっても進め方によって大きく条件が変わる ”
という事です。

 

 

インターネット上には多くの情報があります。
また先生がお付き合いされる紹介会社の転職コンサルタントも複数になる事があるかもしれません。
そうしますと同じ医療機関の情報が重なってしまう事も多々あると思います。

 

そのように情報が重なってしまった状況下では、
同じ病院・クリニックの求人であれば、先生自身が変わる事は無い為、どのルートで話を進めても最終的な条件や入職内容は同じと考えてしまいがちです。

 

しかし、実はこれが違うのです。
長年この業界で数百人、精神科の先生方の転職サポートをしてきましたが、これほどまでに内容が変わるものなのかを肌で感じながらこれまで情報を積み上げて来ました。
実際に、
・「過去に別ルートで話を進めた時に、足元を見られたのか本来の条件よりも低条件での入職になってしまった事がある…。」
・「過去にとある人を経由して転職したが、後で本当はここまでの条件が出る病院であったと知った事がある…。」
という間違った話の進め方によって損をしてきた先生方のご相談を頂く事があります。

 

先生方に声を大にして言いたい事は、
転職の際に面接や見学を行なう際(話を進める際)には、是非その病院とやり取りの頻度が高いコンサルタント、精神科に精通しているコンサルタントと進めて下さい。
その病院がどのあたりまで呑んでくれるのかを理解している為、条件交渉の成功率が非常に高くなります。

 

 

 

勿論、病院によっては「条件内容は一律で先生の医師免許取得からの年数のみで決定する」というところもありますが、
民間病院での多くは条件の柔軟さを持ち合わせています。

 

 

※ここからは私共の宣伝になってしまう為、読んでいただいてもいただかなくても結構です(苦笑)

 

【精神科医の転職相談室】は正に上記に強い力を発揮するコンサルタント集団です。
また表には出て来ないような医療機関の内情の情報にも自信を持っています。
私共は精神科専門ですから、このあたりは他の科も担当しているコンサルタント、会社様と違うところです。

 

もし縁あって本日の記事をお読みになった転職をお考えの精神科の先生がおりましたら、一度私共をお試しいただければ幸いです。