非常勤として残るという選択肢

内容

 

転職をお決めになった先生方もしくは今後転職をお考えの先生方の中には、
「正直、今働いている医療機関を辞めるのは難しいかもしれない…」
「今働いている医療機関との縁を切りたくない…」
とのお考えをお持ちの先生もいらっしゃるかと思います。

 

実際に私共【精神科医の転職相談室】には過去にも以上のようなご相談を頂いた事がございます。
「転職はしたいが、心残りもある…」まさにそんな状況の先生方です。

 

(あくまで一例であり、参考までですが)本日は過去にそのようなご状況やお考えの先生方がどのように転職をされたのかをお伝えしたいと思います。

 

 

実はお気付きかもしれませんが、
既にタイトルに答えが出ています(苦笑)

 

非常勤として週1日、月数回という形で残るという選択肢です。

 

当然、非常勤として残る医療機関側への相談や確認は必要ですが、このような選択肢があります。
(常勤先での勤務日数や勤務曜日の調整、また非常勤となる医療機関との曜日や回数調整も必要になります。)

 

もしこのような勤務が出来るという事であれば、先生側としても転職後の万が一のリスクヘッジという事にもなりまし、
また辞められてしまう側の医療機関としても非常勤として残ってもらえるという事であれば、ゼロになってしまうよりは良いという考え方も出来ます。(医療機関次第ですが。)

 

 

 

転職の話はなかなかスムーズに進まない事もありますし、先生の繋がり・人間関係もあるかと思います。
そういった時は両足を必ずしも常勤先に進めるという選択肢を取らなくても良いと思います。

 

以上は転職をする上で働き方の一つです。
当然、先生お一人お一人でご状況は違うと思いますので、このような方法もあるという事で頭の片隅にでも入れておいていただければ幸いです。