先生の本音はコンサルタントに話せていますか?

内容

 

転職の相談を転職コンサルタントにする際に、先生方は本音を話せていますでしょうか?

 

・転職をする本当の理由。
・本当の希望条件。
・今考えている事。将来考えている事。
・不安に思っている事。

 

 

転職コンサルタントといっても、
「医療機関側と繋がっている為、マイナスな事を言うと今後有利に話が進まなくなるかもしれない…」
「初めて会う人話す人(コンサルタント)に対し、いきなり本音を言うのは気が引ける…」
…etc
とお考えになる事もあるのかもしれません。

 

しかし実際には、コンサルタントは先生側の人間です。
先生の転職を成功させようと考える、また良い転職に繋げようとする人間です。

 

本音を隠してもそれは先生にとって損にしかなりません。

 

そもそも先生から本音を引き出せるような信頼のコンサルタントでなければならないという考えの下、私共も先生とお話をしていますが、
先生ご自身で重要な事を隠されてしまうと今後病院を探す際に誤った方向にナビゲートしてしまうリスクを高めます。

 

転職コンサルタントは先生の代理人であり、転職請負人です。
法律の事は弁護士に、お金の事は税理士・会計士に、転職の事は転職コンサルタントに!です。

 

 

 

私共は先生方に対して本音の意見を言わせていただき、先生方を間違った医療機関に行かせないようにしています。 (様々な情報や内情に精通している為、リスクの高い転職先へは行かせたくありません。)

 

今後も先生方とは本音のお付き合いをさせていただきたいですし、私共以外のコンサルタントとお付き合いのある先生は是非ご担当のコンサルタントの方に本音をぶつけていただく事をお勧め致します。