何だかんだでお人柄が重要!

内容

 

先日病院訪問をした際に事務長が仰っていた事です。
「何だかんだで先生の人柄が大事なんですよね。多少スキルや経験が不足していても、人柄の良い先生であれば当院としては是非採用したいです!」

 

ちなみにこの病院、過去には以下のようなケースもあったそうです。

 

面接に応募のあった先生として

A先生:指定医の取得はしていなかったが、真面目でとにかく話しやすい温和な先生。
B先生:指定医や専門医・指導医を持っており経験は十分だったが、少し高圧的な態度の先生。

の二名の先生が面接にいらしたそうです。

 

 

結果的にA先生にオファーを出されたそうです。
勿論決め手は「人柄」との事でした。

 

上記は事例の一つですが、実際にこのような病院は多いです。

 

何故人柄を重視する医療機関が多いのかと言いますと、
医療機関は組織だからです。
調和やチームワークを重んじ、それが患者様に対する良い医療に繋がる為です。

仮に調和が取れない先生がいらっしゃった場合、それが医療機関全体に悪影響を及ぼす事を過去に経験している病院・クリニックは実際にあります。

 

ご勤務後が本番ではありますが、これから面接を控えている先生は参考にしていただければ幸いです。